自転車で行くまだ見ぬ日本

サイクリングで遠くに行ったときに書く予定です、あと時々お山も。

輪行で美ヶ原高原まで

今日はひさびさの輪行です。

高尾6:14発の松本行きに乗るため家を5:15に出発、高尾駅には5:30過ぎに着き早速自転車を輪行袋に入れます。

事前に2回のシュミレーションを行っていた為自分としては速く出来たな~なんて思い松本行きの最後尾に乗り込みました。

f:id:sevendot7:20170505095541j:plain

  これから松本まで3時間21分の長旅、途中南アルプスの山々が見えます。

f:id:sevendot7:20170505095823p:plain

寝て行こうと思ってたけど寝れずに松本へ到着。

f:id:sevendot7:20170505100030p:plain

駅を出ると猛暑の様に熱く上着を脱ぎ駅の広場みたいな所にある天然水をボトルに入れスタートです。

f:id:sevendot7:20170505113720j:plain

松本城を横目に浅間温泉方面へと向かいます。

f:id:sevendot7:20170505100438p:plain

反対側に見えるのは槍ヶ岳穂高岳でしょうか?

そうこうしていると浅間温泉を通過しました。

f:id:sevendot7:20170505100538p:plain

で次の写真はワープして美鈴湖っておかしい?

いいえそんな事はありませんこの区間はあの美ヶ原ヒルクライムで有名な激坂区間です。

激坂区間に差し掛かるといきなりロード乗りの人が足つき、抜き去ろうとすると「きついですね~」と声を掛けられ自分はまだ余裕ありだけど、取りあえず「そうですね~頑張って下さい~」と声掛け抜き去り先を見ると2台のロードが見える、そのうち1台は自分と略同じペース、そしてもう1台は止まっていた、しかしなんだか背中に金色の物が見える。

だんだん近ずいて行くと金髪女性YOUだった。

横を通過しようとしたら日本語で「頑張って下さい」と声を掛けられたが、どう見ても頑張るのは貴女の方でしょうと思ったらなんとその人はスニーカーのフラペしかもソコソコの荷物を自転車に付けていた。

思わずスニーカーでは大変ですね頑張って下さいと声を掛け返し先へ進んだが後であの人は無事帰れたのか気になった。

さて激坂区間は正直ア~駄目だ足着いちゃおうとは思わないけどそれなりにキツイ坂です、よく20%とか言われてるけどそこまで無さそうガーミンの最大勾配は17%でした。

但し写真撮る余裕は無かったのでここ美鈴湖までワープしてしまいました。

f:id:sevendot7:20170505103446p:plain

美ヶ原高原まで残り5kmの地点まで来ました、美鈴湖からここまで森林に囲まれ良い景色などありませんひたすらペダルを回すのみです。

f:id:sevendot7:20170505104745p:plain

森林地帯を抜けると前方に南アルプスが見えました。

更に進むと高原地帯へ入ります。

f:id:sevendot7:20170505104950p:plain

しかしまだ登りが終わった訳では無く微妙なup,downを繰り返し

f:id:sevendot7:20170505105204p:plain

美ヶ原ヒルクライムゴールへ到着です。

f:id:sevendot7:20170505105457p:plain

でも自分は諏訪湖へ降りるので先に見えるNHK美ヶ原テレビ中断放送所の更に先の山本小屋ふる里館まで4kmの歩行です。

f:id:sevendot7:20170505105909p:plain

歩く

f:id:sevendot7:20170505105957p:plain

歩く

f:id:sevendot7:20170505110025p:plain

歩く

f:id:sevendot7:20170505110048p:plain

美しの塔をトウ目にひたすら歩く

f:id:sevendot7:20170505110329p:plain

歩き疲れ1杯200円きのこ汁にそそられ休憩

ぬるいしコスパ低い、高尾山のなめこ汁の方が数段上。

そして更に歩きどうだろう時計見て無かった分らないけど1時間は歩いてないと思う。

 

後は下りのみと思いきやビーナスラインを下ってると時折登り返しがあり疲れた足に堪える。途中下諏訪か上諏訪どっちに行くか迷ったがここは素直に中山道から下諏訪へと下った。

f:id:sevendot7:20170505111120p:plain

帰りの電車は2回の乗り換え下諏訪16:30発高尾17:40着に乗り込み20:10無事帰宅。

距離60.31km+α(ビーナスラインでサイコン着けるの忘れた)から