自転車で行くまだ見ぬ日本

サイクリングで遠くに行ったときに書く予定です、あと時々お山も。

輪行固定方法を考える

昨日の輪行河津桜を見に行った時の帰り右太腿にスポークが当り痛くなったので

何が悪いのか検証してみた。

f:id:sevendot7:20180218121646p:plain

組立てるとこんな感じで3三角形になる様固定する

f:id:sevendot7:20180218142934p:plain

固定は輪行袋に着いて来た紐は使わずマジックテープを使う。

何故マジックテープなのか?

袋の付属紐は緩むとか聞くけど自分の場合そんな事は無いがクチャクチャになり締めにくいから。

マジックレープは以下の長さを使用

ダウンチューブは40cm

サドル側は60cm

シートチューブ側は40cm+30cmの物で固定している。(検証後60cmになった)

最後にハンドルとタイヤを固定し4点締めにする

実際かなり強固出来る

今回はクランクとタイヤを重ねて固定したためかその分ホイールが外へ出て終い

担いだ時にスポークが当ってたと思われる。

f:id:sevendot7:20180218143306p:plain

なのでクランクとタイヤが重ならない様に組んでみた。

f:id:sevendot7:20180218144511p:plain

f:id:sevendot7:20180218144922p:plain

こうして見るとスプロケットがフレームの略真ん中に来てるのでこれが正しいのか

と思える。

当然だと思う人も居られるだろうが、

どうにも組めてしまうし自転車は人によりサイズが違うから何が正しいのか

よく解らいのが現実だと思う。

そして固定部も以前より正三角形に近くなったような。

それとチェーンステイ側のマジックベルトが60cmで届く様になったので

数センチは内側に入り当たる可能性は下がるはず。

次回輪行は3月か4月なので検証してみたい。

 

残るは肩紐の長さだけど

これは何らかの方法で紐に印を付ければ毎回同じ長さに出来るがまだ試してない。